2016年01月08日

グリーンツリーではレスポンシブWebデザインで制作

グリーンツリーは、基本レスポンシブWebデザインでサイトを制作致します。それはレスポンシブWebデザインの方が圧倒的にサイトの管理工数が削減出来るためです。

しかしながら、弊社ではレスポンシブWebデザインにすることに大きな抵抗がありました。その理由はコンバージョンです。レスポンシブWebデザインは、通常下記の様な各パーツがグリッドレイアウト(ブロック構造)となっているデザインで作らます。

標準的なレスポンシブWebデザイン

最近は、更に進化したフラットデザインが注目を浴びております。

フラットデザイン

しかしながら、実際にそれらのグリッドデザインやフラットデザインでサイトを作ると、どれがイチオシのコンテンツかが分かりにくく、結果ユーザビリティが悪化、お問合せ率(コンバージョン率)が下がってしまう問題が出てきました。

そこで我々はコンバージョンを下げないように、Webサイトとスマホを別URLで管理しておりましたが、管理工数がアップしてしまうという大きな問題を抱えてしまいました。

そこでグリーンツリーではコンバージョンの高い構造を持ったWebサイトをそのままレスポンシブにする手法を取り入れることで、管理工数を削減し、お問合せ率(コンバージョン率)も極力下げない事が可能となりました。

まだこの手のサイト制作が出来る会社は日本でも少ない状況です。常に最新の技術持っているグリーンツリーに是非、レスポンシブ構造のサイト制作もお任せ下さい。

レスポンシブWebデザインの実績

グリーンツリーでは下記のとおり、まったくグリッドレイアウト(ブロック調)ではない構造をそのままレスポンシブWebデザインとして表示させる事を実現しております。結果、高いコンバージョンレート(お問合せ率)が維持出来ております。

レスポンシブWebデザインの実績01レスポンシブWebデザインの実績02


文字サイズ